海外送金のペイフォレックス

MENU

speed-icon 中国への送⾦(⼈⺠元送⾦2.0)スピード送金

送金金額
着金額指定サービス

(2,500JPY)

利用しない 利用する
円換算額合計
(入金参考額)

本日の{0}送金手数料

送金額({1}) 手数料

送金にかかる日数

24時間以内

詳細を見る

送金手数料
円換算額
両替レート
※シミュレーション結果は現在の両替レートで試算される参考値で、実際に送金する時点の金額を確約するものではありません。
※外貨送金の場合は、シミュレーション結果より多めの金額でのご入金を推奨いたします。(残金の出金手数料は当社負担)

PayForexの会員でない方は 会員登録

中国への送金について

中国スピード送金「人民元送金2.0」

「人民元送金2.0」はインターネットでいつでも簡単に利用可能。 日本円で送金し、人民元で中国国内の銀行口座に着金します。 母国のご家族への送金や、商品代金の支払い等、是非ご利用ください。

受取人様(送金先)の銀行口座に必要な条件

人民元送金2.0では次の3つの条件を満たす口座に対してのみ送金可能です。当サービスのご利用が可能な口座であるか、事前にご確認ください。

条件1: 中国国籍の個人口座

中国国籍

中国国籍・
個人口座

当サービスで対象となる受取人様(送金先)は、中国国籍の方が持つ個人口座のみとなります。また当サービスの対応銀行であるか、「受取可能銀行一覧」もご確認ください。

条件2: 中国国内で受取銀行に登録している携帯電話番号

携帯電話

中国国内の
携帯電話

当サービスではSMSによる通知が送信されるため、受取人様は受取銀行に登録している、携帯電話番号が必要となります。

条件3: キャッシュカード保有口座

キャッシュカード保有口座

キャッシュ
カード保有口座

当サービスをご利用するには、キャッシュカード保有の銀行口座である必要があります。
  • ※老人口座はご利用いただけません。

ご利用方法

PayForexの会員登録後、お客様専用WEBページまたはPayForexアプリからお取引いただけます。

注意事項など

人民元送金2.0 よくある質問

Q.複数の受取人に送金できますか?

A.可能です。ただし同一の携帯番号のご利用はできません。
受取人様別に携帯電話番号の登録が必要です。

Q.送金証明書(扶養控除用)の発行はできますか?

A.できます。受取人口座に入金完了後の営業日18:30以降から、myPayよりダウンロードいただけます。
(※2016/12/31以前に送金実行されたものは、お手数ですがお電話・お問い合わせページからご依頼下さい。また郵送をご希望の場合は発行手数料800円がかかりますのでご了承ください。)

Q.両替は必要ですか?

A.両替は不要です。自動的に人民元で送金されます。

利用条件・制限事項

人民元送金2.0(中国スピード送金)

項目 内容
送金人 PayForex個人会員のみ
受取人 中国国籍の個人のみ対象
※受取銀行に登録している携帯電話番号が必要となります。
送金手数料 送金額が18万円以上の場合は無料。18万円未満の場合は800円の手数料がかかります。
送金可能額 送金1回あたり1円~30万円の範囲内
※中国国内年間5万ドル相当額までの送金金額制限があるため、ご依頼の送金によってこの制限を超過する場合には受取人口座へ入金されず返金となります。
送金回数 同一の受取人への送金は、1日2回を上限とします。
送金通貨 人民元(CNY)
※日本円で入金後、送金依頼時に人民元に自動的に両替されます。
送金先 中国国内の個人名義の銀行口座(香港は当サービス対象外)
送金にかかる日数 送金依頼日または翌営業日に確実に着金
その他 上記の利用条件は、中国の法令改正、提携銀行のルール変更及びPayForexサービス利用規約の改訂等によって、予告なく変更する場合があります。

中国向け通常の海外送金

項目 内容
送金人 PayForex会員(個⼈、法⼈)
受取人 中国国内に銀行口座のある法人のみ
送金通貨 CNY、USD
送金にかかる日数 原則1〜3営業日
送金手数料 送金手数料一覧」をご確認ください。
関係銀行手数料 関係銀行(中継銀行・受取銀行)の手数料が発生する場合があります。「手数料について」をご確認ください。
着金額指定サービス ご利用可能
その他 人民元(CNY)を送金する場合、受取人である法人が国外から人民元送金を受け取る正規の手続きを行っているかをご確認ください。

人民元送金2.0とは

人民元送金2.0は中国の上海銀行と業務提携することによって実現した海外送金サービスです。 イメージ図