海外送金のペイフォレックス

MENU

ブログ

第14回:フィリピン送金特集!!

2021.07.16

peiko_bnr

「海外送金ってなんだか難しそう・・・」とお困りではありませんか? 当ブログ「ペイ子の海外送金ガイド」では、海外送金に必要な基本知識から役立つ情報まで、現場経験豊富なPayForexスタッフ、通称”ペイ子”が皆さまにお届けします!!

 

PayForexからフィリピンへの送金ってどんな方法があるの?

payko2
皆さま、こんにちは!ペイ子です。
今回はPayForexでも人気の送金先、フィリピン送金について詳しくご案内します!
PayForexのフィリピン送金は、送金方法も豊富!
フィリピンの銀行口座へ直接送金はもちろん、現地に銀行口座が無い受取人さまにも送金ができる方法がたくさんあるのが嬉しいです!
指定窓口での現金受取や電子マネーでの送金などなど、お客様に合った送金方法をお選びください。
さらにPayForexのフィリピンスピード送金は着金時にメールで着金通知が届くので、受取人さまがきちんとお金を受取れたかの確認も簡単にできて安心です。(※1)
 

PayForexからフィリピンへの送金の種類

 
① 銀行口座送金(PHP)スピード送金対応!
現地通貨のPHP(フィリピンペソ)でフィリピンの銀行口座に直接送金ができます。
スピード送金対応で送金依頼受付後、原則、数時間〜24時間以内に着金します!(※土日祝、現地銀行休業日を除く)。
ご家族さまへの生活費等のほか、法人口座への送金も可能、1回あたりの送金限度額が100万円相当までなので、
ビジネスにもご活用いただけます!

 
② キャッシュピックアップ(PHP)人気! スピード送金対応!
銀行口座を持っていない受取人さま向けで、提携代理店や銀行の窓口で現金受取ができる人気の送金方法です。
PayForexは提携代理店が多いので、受取人さまの最寄りの店舗も選びやすくとても便利!
送金時に発行される「リファレンス番号(※2)」と受取人さまの有効なIDを最低2種類用意できれば受取可能なので、
現地での口座開設が難しいケース、短期滞在でフィリピンにお住いのご家族さまへの送金にもお勧めです。
 

【受取可能代理店一覧】
銀行:Bank of Philippines Island(BPI)
代理店:Palawan Pawnshop、Bayad center、MLhuillier、LBC、Cebuana、PERAHUB(PETNET)
 

③ E-ウォレット送金 人気急上昇! スピード送金対応!
フィリピンのE-ウォレット(いわゆるウォレットアプリ)へ送金ができるサービスです。
現在の取扱いは『GCash』と『Paymaya』への送金です。
必要情報は受取人の「携帯電話番号」「名前」「受取人住所」だけ! とっても手軽にフィリピンへ送金ができます。
 

④ 宅配送金
現金を受取人さまのご自宅まで直接配達できます。サービスの性質上、お届けまでに2〜3営業日ほどお時間をいただきます。
 

⑤ 公共料金などの支払い(海外各種料金払込)
フィリピンでご家族さま等が利用している公共料金を、日本から簡単に払い込むことも可能です!
フィリピンでは現在、提携各社の「電気」「電話(固定・携帯)」「水道」「インターネット」「テレビ」等の料金支払が可能です。
今後さらに公共料金の種類の追加や拡大を予定しており、さらに便利になっていきます!
 

⑥ 銀行口座送金(USD)
フィリピンへのUSD送金も可能です。ビジネスでUSD建ての請求の際に便利です!
銀行窓口よりもスピーディーな送金が実現され、送金のご依頼から原則1~2営業日ほどで受取口座に入金されます。
 
 

受取人さまに合った送金方法を選んで、皆さまもぜひ安心で速い、しかも格安なPayForexのフィリピンスピード送金をご活用ください!

 

(※1)着金通知サービスは「銀行口座送金(PHP)」「キャッシュピックアップ(PHP)」「宅配送金」が対象です。
(※2)「リファレンス番号」は、送金受付時にメールまたはSMSで配信されます。また、取引履歴からも確認可能です。

(不定期更新)

 

※当記事の内容は、掲載時点における情報に基づいており、時間経過により一致しない場合や予告なく変更される場合があります。最新情報は当サイトの該当ページをご確認ください。